PROFILE

カオスの時代。
暗いところにはアイデアやユーモアの灯りを持って入る

素娯録(SUGOROKU)は純粋に、自分の素のコンテンツを発信しようという目的で起ち上げました。

カオスの時代
そりゃ、生きていれば明るいことばかりとはかぎらないけれども、暗い、おどろおどろしいところへは灯りを持って入るように、 そういうトピックであっても何かアイデアやユーモアの光を当てていきたいと思います。

私ももう四十歳を過ぎ、若い時ほど元気に余りはありませんし、今日が人生最後の日かもしれない。
いやほんと、これは誰にもわからないことです。
であればこれはもう、不愉快になるような事をしている暇はない。

それこそ何年と生きていれば、
人は誰しも心の内に経典のようなものはもっているわけで。
だったらお互い水平目線、シェア出来る場や時間は、明るく楽しいほうがいい

ネットでたまたま出会った人も、現実でラーメンの行列に並んでいる時にその場に居合わせた人も、同じだと思うんです。
たまたま居合わせた人に暴言を吐く人ってあまりいないじゃないですか。
私も街やイベントでたまたま居合わせた人ともめた事なんてないです。
というか、慣れ親しんだ知人や家族より、よっぽど互いに礼儀がはたらいて、心地いい一期一会になることのほうが多い。
そういう場の雰囲気をここでも作れたらな、と思います。

素娯録 SUGOROKU WEB ZINE

素娯録|SUGOROKU WEBZINE 編集室

デザイン/メディア・グラフィック・UI・UX・コンテンツ・その他

SYMPOSION

ネットを介し相乗関係をつくるためのスペースを構想中。チャットアプリ『InCircle』を候補に入れつつ……不特定多数の煩雑な場ではない、落陽の日本ならば、夕映えする生き方へ変える、還る、そんなコンセプトにもとづき、オサムシ的箱庭生活圏をつくるためのスペース。